このブログのはてなブックマーク数 このエントリーをはてなブックマークに追加

知らなきゃ絶対損するPCマル秘ワザ

知らなくて損したPC情報とかを分かりやすくメモする個人ブログ。
『月,水,金』の週3回更新!(予定)

ソフトバンクの新プランが全然「定額」じゃなさそうな件

このエントリーをはてなブックマークに追加
イメージ


こんにちは、さち です。

先日、ソフトバンクが
音声とパケットをセットにした新定額サービスを発表しました。
私はソフトバンクの iPhone を使っているので
新しいプランがどんな内容なのか気になります!

ということで、調べてみました。




KDDI社長「あれ、高いよね」

ケータイWatch によると
2014年4月頃に開始予定のソフトバンクの新プランについて
KDDI(au)の田中社長は「あれ、高いよね」と語ったそう。

au はソフトバンクの新プランを追随するつもりはないそうで
ソフトバンクの新プランは始まる前から終了している感じです。
田中社長の「あれ、高いよね」という発言は本当なのか
検証してみようと思います。




音声定額とパケット定額をパック…?

こちらがソフトバンクの新プランの内容です。
Sパック,Mパック,Lパック と3種類があります。

新プラン表

「3分以内/月50回」というのは
3分以内の通話を月に50回まで無料でかけられるという意味。
連続通話時間,発信回数に制限があるので
音声定額というより無料通話分に近いもの
ですよね。
「音声定額モドキ」なんじゃないかと。

でも、この料金で無料通話も付くならいいかも?
と思いきや、そんなに甘くない!
さらに「専用基本料」というものがかかります。
その料金がこちら。

新プラン表

ソフトバンクのプレスリリースには
『お客さまにシンプルで分かりやすいように
音声定額とパケット定額をパックにした革新的な新サービス』
と書かれていますが、この一文ちょっと怪しい気が…。

別途必要な「専用基本料」という謎の料金。
さらに、音声定額も内容的には無料通話分に近いもの。
果たしてこれは分かりやすいのでしょうか?
私は、回りくどくて紛らわしいと思ったのですが…。

すでに雲行きが怪しいですが
次は既存のプランとの比較をしてみましょう。




やはり値上がりしている

iPhone の一般的なプランで比較してみます。

既存プランは、「ホワイトプラン+パケットし放題フラット」
の組み合わせが一般的かと思います。
新プランは、料金が近くなる(というか最低額になる)
「Sパック」を例にしてみます。

両者の料金を比較してみたものがこちら。

比較表

新プランの方が826円高い!

し、新プランは無料通話ついてるから
その分高いんですよ………たぶん…。

ちなみに、パケットし放題フラットの「5,200円」は
「4G LTE定額プログラム」を利用した場合のもので
2年間だけ適用される料金です。
プログラム終了後(3年目以降)は5,700円になります。
それでもまだ新プランの方が高いんですよね。




パケットについては見劣りが激しい

スマホと言えばやはり一番重要なのは「パケット」。
両者のプランを比較してみましょう。

比較表

新プラン「Sパック」、見劣り激しいです。
パケット上限は 2GB までとなっており
既存プラン「パケットし放題フラット」より5GBも少ない設定。

現在の 7GB制限 でも足りないという人がいる中
2GB というのは中々厳しい設定のように思えます。
既存プランと同じ 7GB にしようと思うと
Mパック(+1,000円追加)にする必要があります。

また、パケット上限を超えた後の仕様も見劣りします。
高速通信を続けるための料金は既存にくらべ割高です。
既存プランのように低速通信(128kbps)で継続利用も可能ですが
その場合、別途月額300円が必要です。

つまり、追加で300円を払わないと
パケットが定額使い放題にならない
わけです。




無料通話分が付くけど通話料は高い

比較表

新プランは、音声定額モドキ(無料通話分)がウリに見えますが
一応、既存プラン「ホワイトプラン」も
1時~21時はソフトバンク携帯宛の通話は無料です。

新プランは、(国内の)他社携帯,固定電話への通話も無料対象なので
その点は便利かもしれません。
しかし、3分を超える通話については無条件に通話料がかかるので
通話時間を気にかけながら通話しなくてはいけません。

肝心な通話料は、新プランでは「30円/30秒」となっていて
既存プランの1.5倍も高い設定です。


1回の通話が3分を超えるような人には
新プランは向いていないと言えるでしょう。




まとめ - 新プランは利点が少ない?

以上、両者のプランついて比較した結果
新プランに変更する利点は少ないと思います。
新プランの利点を活かせるユーザは非常に少ないでしょう。

新プランの内容を見る限り
サービスの正式提供開始前から終わりかけた状態。
2014年4月からのサービスの提供開始までに
プラン内容を改良しないと不発に終わりそうな予感です。

KDDI(au)の田中社長の「あれ、高いよね」という発言は
その通りだったと思います。

既存プランについては
新プラン開始後も提供が続くようなので
自分の使い方に合ったプランを選ぶようにしましょう。



このエントリーをはてなブックマークに追加




ブログ移転に伴い、コメント受付は終了しました。



記事別の週間アクセス数ランキングです。こちらの記事もぜひ読んでみて下さい。

2008-2019 知らなきゃ絶対損するPCマル秘ワザ  無断転載禁止

ブログパーツ