このブログのはてなブックマーク数 このエントリーをはてなブックマークに追加

知らなきゃ絶対損するPCマル秘ワザ

知らなくて損したPC情報とかを分かりやすくメモする個人ブログ。
『月,水,金』の週3回更新!(予定)

Premiere Elements で乗算合成などをする方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
トラックを合成するPremiere Elements用プラグイン
操作画面

Premiere Elements 11 からは
トラック間合成ができる「描画モード」が標準搭載されました。
プラグインを別途導入する必要はありません。



こんにちは、さち です。

今回は、画像のように
Premiere Elementsトラック合成できる追加エフェクトプラグイン
「演算合成プラグイン(トラック間合成Plug-in,Track Blender)」を紹介します。

私は Premiere Elements を使い始めた当初から
このエフェクトプラグインをとても便利に使わせてもらっていたのですが
ブログに書いておこうと思いずっと忘れていました…。

それではさっそく詳細を見ていきます。
 

プラグインの導入方法

ここでは Premiere Elements 7 での導入方法について書いていきます。
他のバージョンではプラグインを入れるフォルダの場所が異なったり
そもそもプラグインが使用できない可能性もあるので注意して下さい。

  1. アイマスMAD/PV制作TIPSまとめwikiから
    「演算合成プラグイン」をダウンロードします。

  2. ダウンロードしたZIPファイルを解凍すると
    プラグインファイルができます。
    操作画面

  3. プラグインファイルをプラグインフォルダへ移動します。
    通常、プラグインフォルダは下記の場所にあります。

    C:\Program Files\Adobe\Adobe Premiere Elements 7.0\Plug-ins\ja_JP


  4. Premiere Elements を起動すると
    「トラック間合成」という名前でエフェクトが追加されています。
    操作画面


エフェクトの使い方

操作画面

エフェクトのプロパティは上の画像のようになっています。

「入力トラック」で合成するトラックを決めます。
原則、トラック間合成を適用したトラックよりも下(背面)にあるビデオを選びましょう。
その方が機能が理解しやすい思います。

トラック間合成を適用したトラックよりも上(全面)にあるビデオを選ぶこともできますが
この場合は合成した映像の上に通常表示されたビデオがかぶってしまうので
ビデオクリップの「有効」のチェックを外さなくてはいけません。

描画モードは最初は「通常」になっているので
目的の描画モードに変更しましょう。

その他数値はすべて
「入力トラック」で選んだビデオに対して反映されるものです。
エフェクトを適用しているクリップではないので
間違えないように気を付けて下さい。


背景色が黒や白のクロマキーの映像の合成にも活用できます。
しかもクロマキーで抜くよりも簡単でキレイです。

とても便利で面白いエフェクトだと思います。
気に入った方はぜひ使ってみて下さい。

   → Premiere Elements 関連情報
   → Premiere Elements


見本で使った映像は下記サイトのものを使用させて頂きました。

   → ニコニ・コモンズ



このエントリーをはてなブックマークに追加




管理人だけが読めるコメントにする(返信はしません)
【お知らせ】
  • コメントは承認制です。反映に時間がかかります。
  • スパムコメント防止のため一部ホストを規制中です。
  • URLを含む投稿はできません。必要な場合は最初のhを削って下さい。
  • 記事に直接関係ない個人のトラブルにはお答えできません。
  • Android は使用経験がないので質問を頂いても答えられません。
  • その他詳細はこちら





記事別の週間アクセス数ランキングです。こちらの記事もぜひ読んでみて下さい。

2008-2019 知らなきゃ絶対損するPCマル秘ワザ  無断転載禁止

ブログパーツ