このブログのはてなブックマーク数 このエントリーをはてなブックマークに追加

知らなきゃ絶対損するPCマル秘ワザ

知らなくて損したPC情報とかを分かりやすくメモする個人ブログ。
『月,水,金』の週3回更新!(予定)

iPhoneでのWebの文字化けを解決する方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
iPhoneapp_mojicode_icon.png文字コード選択Webユーティリティ(作者:Unit Kay様) - iPhoneアプリ
イメージ


■サイト制作者の方へ
このアプリはあくまで一時しのぎです。
サイトを修正しないと根本的な解決にはなりません。

文字化けの原因はほぼ100%サイト制作者側のミスです。
ミスの多くは、HEADタグに記述する文字コードです。
文字コードの記述がなかったり、間違えたりしていませんか?
多くの人にサイトを見てもらうために早く修正しましょう。
文字化けしたサイトを再訪問する人はほとんどいませんよ。


こんにちは、さち です。

今回は、iPhone で文字コードを変更できるアプリ
「文字コード選択Webユーティリティ」の紹介です。


 

Safariで文字化けしても対処法はない

iPhone でウェブを見ていると
文字化けするサイトに出会うことってありませんか?
文字化け、直したいですよね。
しかし、Safari には対処法がありません。

そこで「文字コード選択Webユーティリティ」の登場です。
このアプリを使えば
文字化けするサイトも iPhone で正しく表示できますよ。



使い方

「文字コード選択Webユーティリティ」の使い方を解説します。
テスト用にiPhoneで文字化けを起こすページを作ってみました。
使ってみて下さい。

  1. Safari で文字化けするページに遭遇!
    操作画面

  2. URLの先頭に「ch」を追加します。
    iOS7 の場合は、先頭に「chhttp://」を追加します。
    操作画面

  3. 「文字コード選択Webユーティリティ」が起動します。
    右下の「i」マークをタップしましょう。
    操作画面

  4. 文字コードを選択し、左上の「完了」をタップ。
    通常は、「EUC」「UTF-8」「Shift-JIS」の
    いずれかを選べば文字化けが直るはず。
    操作画面

  5. 正しく表示されました。
    操作画面

文字化けが直らない場合は
他の文字コード(「ISO-2022-JP」など)を試して下さい。

ちなみに、上記の手順「4」で
右下にある「Safari」をタップすると Safari に戻ります。
(指定した文字コードは Safari には反映されません)

「文字コード」は、英語で「キャラクターコード(character code)」
先頭2文字の「ch」をURLの頭に付けると覚えましょう。


いざという時に役立つのでぜひダウンロードしてみて下さい。

   → iTunesプレビューでアプリの詳細を見る
   → 便利な iPhone グッズ (Amazon)


■サイト制作者の方へ
このアプリはあくまで一時しのぎです。
サイトを修正しないと根本的な解決にはなりません。

文字化けの原因はほぼ100%サイト制作者側のミスです。
ミスの多くは、HEADタグに記述する文字コードです。
文字コードの記述がなかったり、間違えたりしていませんか?
多くの人にサイトを見てもらうために早く修正しましょう。
文字化けしたサイトを再訪問する人はほとんどいませんよ。




このエントリーをはてなブックマークに追加




ブログ移転に伴い、コメント受付は終了しました。



記事別の週間アクセス数ランキングです。こちらの記事もぜひ読んでみて下さい。

2008-2019 知らなきゃ絶対損するPCマル秘ワザ  無断転載禁止

ブログパーツ