新ブログの該当記事に転送中です。少々お待ち下さい。
(転送されない場合は下記リンクからお進み下さい)

『Premiere Elements の落とし穴(2)』
https://at.sachi-web.com/blog-entry-259.html

このブログのはてなブックマーク数 このエントリーをはてなブックマークに追加

知らなきゃ絶対損するPCマル秘ワザ

知らなくて損したPC情報とかを分かりやすくメモする個人ブログ。
『月,水,金』の週3回更新!(予定)

Premiere Elements の落とし穴(2)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Premiere Elements × AviUtl_icon.gifAviUtl


こんにちは、さち です!

前回の「Premiere Elements で書き出しできるフォーマットが少ない」という
落とし穴の解決法に引き続き Premiere Elements の落とし穴について解決策を見て行きましょう!

落とし穴その1
Premiere Elements で書き出しできるフォーマットが少ない
原因
Premiere Elements で動画を書き出す方法は実は2種類ある

落とし穴その2
Premiere Elements で作成した非圧縮avi が AviUtl で読み込めない
原因
原因は主に2つ考えられます。
  1. 非圧縮で出力した動画の音声フォーマットがおかしい
  2. AviUtl の入力プラグインの優先順位がおかしい


「落とし穴その1」については前回見ましたので
今回は「落とし穴その2」について見て行きましょう!

1. 非圧縮で出力した動画の音声フォーマットに問題がある

まずは、Premiere Elements で書き出した動画の音声フォーマットについて調べてみましょう。

『真空波動研』 というフリーソフトを使うことで簡単に調べることができます。
真空波動研のダウンロードと使い方はこちらを参考にして下さい。

音声が「Extensible Wave」というフォーマットになっていませんか?

Extensible Wave になっている人
   → このまま読み進めてください
PCM になっている人
   → 音声フォーマットに問題はないので「2. AviUtl の入力プラグイン~」に進んでください


実はこの Extensible Wave は Windows Media Player などでは読み込めるのですが
AviUtl では読み込めないためエンコードしても音声なし(音が出ない)動画ができてしまいます。

音声フォーマットが Extensible Wave になっていた人は
Premiere Elements から動画を書き出す際に「非圧縮 Microsoft AVI」を選択しませんでしたか?

実はこの「非圧縮 Microsoft AVI」で書き出した動画の音声フォーマットは
自動的に Extensible Wave という音声フォーマットにされてしまいます。
なので、それを回避するために次のように「Microsoft AVI」を選択してください。
Premiere Elements 操作画面
※ クリックで拡大できます


「ビデオ」 の 「圧縮」 を 「None」 に 「オーディオ」 の 「圧縮」 を 「非圧縮」 にします。
Premiere Elements 操作画面

「OK」をクリックして「ムービーの書き出し設定」のウィンドウを閉じ動画を書き出しましょう。
これで「非圧縮avi+PCM」の動画が書き出されるはずです。

非圧縮Microsoft AVI で読み込める非圧縮aviができず
Microsoft AVI ではできるという何とも不思議な現象ですが
これが Premiere Elements の仕様です(Premiere CS もそうなのかな?)。

Adobeさん、Premiere のアップデートする際には
分かりやすいように「非圧縮 Microsoft AVI」でも「PCM」の書き出しができるようにして下さい。
よろしくお願いします!><

では、今度は「2.」に進みましょう!


2. AviUtl の入力プラグインの優先順位に問題がある

AviUtl は入力プラグインを導入することで読み込める動画のフォーマットが増えます。
入力プラグインには適用する優先順位があり
それを間違えると動画が上手く読み込めないことがあります。
(音声だけ再生され映像が真っ黒なまま何も表示されない)

優先順位を変更するには下記の画像のように
「ファイル」 → 「環境設定」 → 「入力プラグイン優先度の設定」 の順に進みます。
AviUtl操作画面


すると次のようなウィンドウが開くので
一番上に「AVI/AVI2 File Reader」もしくは「AVI File Reader」をもってきて「OK」をクリックします。
(この2つともが DirectShow File Reader より下にあると非圧縮aviの読み込みに失敗します)
AviUtl操作画面


この設定で先ほど「1.」で作成した非圧縮aviを読み込んでみて下さい。
きっと読み込めるはずです。

あとは、非圧縮avi を目的のフォーマットへエンコードしましょう!

   → Premiere Elements で書き出しできるフォーマットが少ない

Adobe Premiere Elements 8 日本語版 Windows版Adobe Premiere Elements 8 日本語版 Windows版

アドビシステムズ 2009-10-23
売り上げランキング : 1431

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お店よりも安くソフトを買える Amazon!
商品が直接自宅に届くので忙しい人にとっても便利!
1,500円以上なら送料無料!余計な出費も一切なし!



このエントリーをはてなブックマークに追加




ブログ移転に伴い、コメント受付は終了しました。
読み込みエラーの理由がここの記事で分かりました。ありがとう!
名無し | 2011/11/09/Wed [EDIT]



記事別の週間アクセス数ランキングです。こちらの記事もぜひ読んでみて下さい。

2008-2019 知らなきゃ絶対損するPCマル秘ワザ  無断転載禁止

ブログパーツ