このブログのはてなブックマーク数 このエントリーをはてなブックマークに追加

知らなきゃ絶対損するPCマル秘ワザ

知らなくて損したPC情報とかを分かりやすくメモする個人ブログ。
『月,水,金』の週3回更新!(予定)

Windows:「FontCache」がSSDに書き込みまくるので停止する

このエントリーをはてなブックマークに追加
Windows Font Cache Service サービス 停止 無効


こんにちは、さち です。

読み込み/書き込みが速く、PC の動作が非常に快適になる SSD。

SSD には、総書き込み容量「TBW(Total Byte Written)」というものがあり
一般的に、これが SSD の寿命とされています。

私が使っている SSD の TBW は 70TB(=71,680GB)。
もちろん、品質ギリギリの値を TBW にしないでしょうから
70TB を使い切ったらすぐ壊れるというわけではないと思いますが
やはり、無闇に SSD へ書き込まれるのは気分がよくありません。

今回は、SSD にやたらと書き込みに来るサービス
「Windows Font Cache Service」を無効にしてみます。




「Font Cache」が SSD に書き込みまくる

Windows Font Cache Service サービス 停止 無効

Windows の「リソース モニター」を開いて見ていると
ちょくちょくディスク(SSD)に大量に書き込むヤツがあらわれます。
(「タスクマネージャー」→「パフォーマンス」タブ→「リソースモニターを開く」で起動)

「ファイル」の列をよく見てみると「FontCache」という文字が。
フォントのキャッシュをしているようです。

これに関連する「サービス」の説明を見てみると……
共通で使用されるフォント データをキャッシュすることによって、アプリケーションのパフォーマンスを最適化します。このサービスがまだ実行されていない場合は、アプリケーションによって起動されます。このサービスは無効にできますが、無効にすると、アプリケーションのパフォーマンスが低下します。

結構な頻度で書き込みに来るので
そんなにフォントのキャッシュが必要か? という疑問が……。




「Font Cache」を停止してみる

  1. 「Ctrl + Shift + Esc」キーを押して、タスクマネージャーを起動。
    「サービス」タブをクリック。
    タスクマネージャー サービス

  2. ウィンドウ下部にある「サービス管理ツールを開く」をクリック。
    タスクマネージャー サービス管理ツールを開く

  3. 「Windows Font Cache Service」をダブルクリック。
    Windows Font Cache Service サービス 停止 無効

  4. スタートアップの種類を「無効」に変更。さらに、「停止」をクリックします。
    Windows Font Cache Service サービス 停止 無効

  5. 「Windows Font Cache Service」が停止されます。
    Windows Font Cache Service サービス 停止 無効

これで、今後「Windows Font Cache Service」は動作しません。
「リソース モニター」でも、Font Cache のディスク書き込みは無くなりました。

ちなみに、私の PC にはメモリが 16GB 載っていますが
サービスを無効にした後も、動作が遅いなどの問題はありません。
このまま、しばらく様子を見てみようと思います。



このエントリーをはてなブックマークに追加




管理人だけが読めるコメントにする(返信はしません)
【お知らせ】
  • コメントは承認制です。反映に時間がかかります。
  • スパムコメント防止のため一部ホストを規制中です。
  • URLを含む投稿はできません。必要な場合は最初のhを削って下さい。
  • 記事に直接関係ない個人のトラブルにはお答えできません。
  • Android は使用経験がないので質問を頂いても答えられません。
  • その他詳細はこちら





記事別の週間アクセス数ランキングです。こちらの記事もぜひ読んでみて下さい。

2008-2019 知らなきゃ絶対損するPCマル秘ワザ  無断転載禁止

ブログパーツ