このブログのはてなブックマーク数 このエントリーをはてなブックマークに追加

知らなきゃ絶対損するPCマル秘ワザ

知らなくて損したPC情報とかを分かりやすくメモする個人ブログ。
『月,水,金』の週3回更新!(予定)

エクセル:シートをまたいだセル指定で「シート名」を可変にする

このエントリーをはてなブックマークに追加
操作画面


こんにちは、さち です。

エクセル(Excel)では、「式」を作るときに「セル」の指定を行いますが
このセル指定は「シート」をまたいですることも可能です。

同じ形式のデータを複数のシートに入力している場合
「式」でのシートの指定を可変にしたいことがあります。

今回は、その方法について書いていきます。




式に入力する「シート名」を可変にする

  1. 例として、このような表を作ってみました。
    「だいや」「よしこ」という2つのシートがあり、それぞれにデータが入力してあります。
    別のシートから、これらの「好物(B6セル)」のデータを抽出してみましょう。
    操作画面

  2. 新しく「処理」シートを追加し、データ抽出用の式を作りました。
    式で使っている「INDIRECT」は、セル番号やシート名を直接入力できる関数です。
    (INDIRECT関数 の詳細は、こちらの過去記事を参考にして下さい)
    操作画面

  3. シートをまたいだセル指定は「シート名!セル番号」の形式で行います。
    (シート名の後に「!」が必要なので付け忘れないよう注意)
    今回は、「A3」セルの内容をシート名として使っています。
    操作画面

  4. 結果はこのとおり。
    ちゃんと「だいや」シートからデータが抽出されています。
    操作画面

  5. 「A3」セルを編集して、抽出対象を「よしこ」シートに変更。
    結果が、「チョコレート」に変化しましたね。
    操作画面



【関連記事】

   → エクセル(Excel)で知ってると便利なこと 目次



このエントリーをはてなブックマークに追加




ブログ移転に伴い、コメント受付は終了しました。



記事別の週間アクセス数ランキングです。こちらの記事もぜひ読んでみて下さい。

2008-2019 知らなきゃ絶対損するPCマル秘ワザ  無断転載禁止

ブログパーツ