このブログのはてなブックマーク数 このエントリーをはてなブックマークに追加

知らなきゃ絶対損するPCマル秘ワザ

知らなくて損したPC情報とかを分かりやすくメモする個人ブログ。
『月,水,金』の週3回更新!(予定)

Chrome:デベロッパーツールのカーソルを「マウス」用に戻す

このエントリーをはてなブックマークに追加
操作画面


こんにちは、さち です。

先日、Chrome の「デベロッパーツール」を使って
スマートフォン用ページを作っていました。

その時、カーソル表示が「タッチ」用のものになっていたんですが
この状態だと「マウスジェスチャー」が使えないことに気づきました。
(拡張機能の「Gestures for Google Chrome」を使っている)

地味に不便なのでカーソルをマウス用のものに変更します。




カーソルを「タッチ」から「マウス」用に変える

  1. 「タッチ」用のカーソル(黒い丸)です。
    操作画面

  2. 上部の「Mobile ▼」と表示されている部分をクリックして
    Device type を「Mobile (no touch)」に切り替えます。
    操作画面

  3. カーソルが「マウス」用のもの(矢印)に変更されました。
    操作画面

  4. これで、マウスジェスチャーが利用できます。
    操作画面

手順「2」で、Device type を「Desktop」にしても「マウス」用カーソルになりますが
「スクロールバー」が表示されて、その分だけ表示エリアが狭くなるので注意。




「Device type」のメニューがない場合

  1. メニューの右端に「Mobile ▼」の表示がない場合
    おそらく、デバイス用の表示エリアが狭いことが原因です。
    操作画面

  2. 表示エリアの境界をドラッグして広げましょう。
    操作画面

  3. 「Device type」が出ました。
    操作画面

  4. 広げても、「Device type」がない場合は
    メニュー右端にある「」から「Add device type」をクリックすれば出ます。
    操作画面

表示エリアが狭いせいで「Device type」が隠れているだけなんですが
「…」や「≫」のような続きがあることを示すマーク等がないため
メニューが省略されていることに気付きにくいです。
(同じく、「」も隠れていることに気付きにくい)

勘違いをする原因になりそうなので、この辺は改良して欲しいですね。



このエントリーをはてなブックマークに追加




ブログ移転に伴い、コメント受付は終了しました。



記事別の週間アクセス数ランキングです。こちらの記事もぜひ読んでみて下さい。

2008-2019 知らなきゃ絶対損するPCマル秘ワザ  無断転載禁止

ブログパーツ