このブログのはてなブックマーク数 このエントリーをはてなブックマークに追加

知らなきゃ絶対損するPCマル秘ワザ

知らなくて損したPC情報とかを分かりやすくメモする個人ブログ。
『月,水,金』の週3回更新!(予定)

Windows:PC に iPhone の音を送りミックスして聞く(遅延あり)

このエントリーをはてなブックマークに追加
操作画面


こんにちは、さち です。

先日、Windows 10 で PC に iPhone の音を送り
遅延なしでミックスしてスピーカーから出す方法についての記事
を書きました。

そのときはミックスして出力する方法を1種類だけ書いたんですが
実は、他にもミックスする方法はあります。
ただ、その方法では遅延が発生してしまいます。

以前の記事のタイトルに「遅延なし」とつけた以上
掲載するのは微妙かなと思い、今回改めて記事を書いていきます。




PC と iPhone の音をミックスする方法

以前の記事での方法では遅延はありませんでしたが
下記の手順では若干の遅延が発生します。
(ただし、音質は以前の記事での方法よりも良いと思います)

  1. ケーブルの片方を PC の音声入力端子(今回は、「フロントマイク」)に接続。
    もう片方を、iPhone に接続します。
    写真

  2. タスクバーの「スピーカー」アイコン上で右クリック。
    操作画面

  3. 「録音デバイス」をクリック。
    操作画面

  4. 接続したデバイスが有効か確認します(緑のチェックマークがあればOK)。
    無効になっている場合は、「右クリック」→「有効」とします。
    (デバイス自体がない場合は、「右クリック」→「無効なデバイスの表示」)
    有効なのを確認したら、デバイス(例では「FrontMic」)をダブルクリック。
    操作画面

  5. 「聴く」タブを開き、「このデバイスを聴く」にチェックを入れると
    音が聞こえるようになります。
    操作画面

  6. 音量は、「音量ミキサー」から変更できます。
    操作画面

  7. 最大でも音量が小さい場合は「レベル」タブにある
    「マイク ブースト」の値を大きくすることで解決できます。
    操作画面

若干の遅延が発生しても問題ないのであれば
PC 外部の音(iPhone など)と PC の音をミックスして聞きたい場合に
この方法で簡単に実現できます。

両端が共にオスの形状であるオーディオケーブルが必要なので
持っていない場合は事前に準備して下さい。
ケーブルを購入する際は取り回しを考慮して長さに注意しましょう。




B01HCKOXY4Ugreen 片側L型 オーディオステレオケーブル(3.5mm) ブラック 1m
UGREEN GROUP LIMITED

by G-Tools




このエントリーをはてなブックマークに追加




ブログ移転に伴い、コメント受付は終了しました。



記事別の週間アクセス数ランキングです。こちらの記事もぜひ読んでみて下さい。

2008-2019 知らなきゃ絶対損するPCマル秘ワザ  無断転載禁止

ブログパーツ