このブログのはてなブックマーク数 このエントリーをはてなブックマークに追加

知らなきゃ絶対損するPCマル秘ワザ

知らなくて損したPC情報とかを分かりやすくメモする個人ブログ。
『月,水,金』の週3回更新!(予定)

自分のサイトがフレームで他サイトに読み込まれるのを防ぐ

このエントリーをはてなブックマークに追加
イメージ


こんにちは、さち です。

今回は、自分のサイトが
フレーム(iframe)で他サイトに読み込まれるのを防ぐ方法
について書いていきます。




フレームでの読み込みを防ぐ

JavaScript を使って防ぎましょう。記述はたった一行です。
if(top != self) top.location = self.location;

これで、自分のサイトがフレーム経由で他サイトに表示されるのを防ぎ
さらに、自分のサイトを単独で開き直してくれます。

HTML に直接記述する場合は <script> タグで囲みましょう。
例えば、<head> 部分に書く場合はこんな感じ。
<head>
<script>
if(top != self) top.location = self.location;
</script>
</head>




JavaScript でやっていること

たった1行の JavaScript は一体何をしているのか?
簡単にどんな動作をしているのか見てみましょう。

例えば、「aaa.com」が <iframe> タグを使い「bbb.com」を表示しています。
「aaa.com」が自作したのは上部の一部だけで
ほぼ「bbb.com」のコンテンツに頼りきった状態です。
イメージ

ここで、「bbb.com」が先ほどの JavaScript を記述します。
JavaScript にある「top」は <iframe> の親「aaa.com」のことで
「self」は自分自身なので「bbb.com」のことです。
イメージ

「top」と「self」の URL が一致しない時は
「top」の URL を「self」の URL で置き換えます。
つまり、「bbb.com」がフレーム(iframe)で表示されたら
そのフレームを破棄して単独で「bbb.com」を開き直します。




当然ながら、この方法
閲覧者が JavaScript をオフにしている場合は効きません。
最近は JavaScript がオンでないとまともに見られないサイトも多いので
そういう人は少ない気がしますけどね。



【参考サイト】

   → フレーム内に表示されるのを防ぐ方法 - All About
   → フレームで呼び出されるのを拒否したい - 教えて!goo




このエントリーをはてなブックマークに追加




管理人だけが読めるコメントにする(返信はしません)
【お知らせ】
  • コメントは承認制です。反映に時間がかかります。
  • スパムコメント防止のため一部ホストを規制中です。
  • URLを含む投稿はできません。必要な場合は最初のhを削って下さい。
  • 記事に直接関係ない個人のトラブルにはお答えできません。
  • Android は使用経験がないので質問を頂いても答えられません。
  • その他詳細はこちら





記事別の週間アクセス数ランキングです。こちらの記事もぜひ読んでみて下さい。

2008-2019 知らなきゃ絶対損するPCマル秘ワザ  無断転載禁止

ブログパーツ