新ブログの該当記事に転送中です。少々お待ち下さい。
(転送されない場合は下記リンクからお進み下さい)

『iPhone:無音シャッター,高画質,広告なし の無料カメラアプリ』
https://at.sachi-web.com/blog-entry-1149.html

このブログのはてなブックマーク数 このエントリーをはてなブックマークに追加

知らなきゃ絶対損するPCマル秘ワザ

知らなくて損したPC情報とかを分かりやすくメモする個人ブログ。
『月,水,金』の週3回更新!(予定)

iPhone:無音シャッター,高画質,広告なし の無料カメラアプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加
イメージ


こんにちは、さち です。

今回は、「無音シャッター」「高画質」「広告表示なし」
三拍子そろった iPhone の無料カメラアプリ「Pastel」を紹介します。




まずは設定をしよう

初期設定のままだと
画質が落ち、シャッター音も出てしまいます。
アプリを入れたらこの2つの設定は変更しておきましょう。

  1. 「歯車」アイコンをタップ。
    操作画面

  2. 「シャッター音」をタップ。
    文字が暗くなり、シャッターに無音マークが付けばOK。
    操作画面

  3. 「設定メニュー」アイコンをタップ
    操作画面

  4. 「無音カメラの解像度」をタップ。
    操作画面

  5. 「3264×2448」をタップ。
    操作画面

ちなみに、
iPhone の初期アプリ「カメラ」の解像度は「3264×2448」です。
(iPhone5 以降の背面カメラの画質)

他のシャッター音なしのカメラアプリは
「3264×2448」での撮影に未対応なことも多いため
iPhone の「カメラ」と同等画質で撮影できるのはとっても便利。




撮影機能

撮影機能は次のとおり。
操作画面

「ズーム」と「明るさ(露出)」の変更ができます。
(「明るさ」はダブルタップで「自動」に戻せます)
また、タップした場所にピント(フォーカス)を合わせられます。
操作画面


「撮影設定」の「グリッド」「手ブレ防止」はオンにしておくと便利です。

例えば、掲示物などの資料の写真を撮るときに
「グリッド」で写真が傾いていないかを確認
「手ブレ防止」で手ブレによるピンボケを防げるため
資料の文字が読みやすい写真を撮影できます。

ただし、「手ブレ防止」は
手ブレが小さくなるまで撮影するのを待つという機能なので
シャッターチャンスが重要な撮影には向きません。

ちなみに、「編集」は結構色々な画像編集ができ
ツイッター等SNSへの投稿もできますが詳細は割愛します。




無料なのに広告もなく使いやすいアプリなので
入れておいて損はないですよ!

   → Pastel - 無音カメラ&写真加工 - AppStore



このエントリーをはてなブックマークに追加




ブログ移転に伴い、コメント受付は終了しました。



記事別の週間アクセス数ランキングです。こちらの記事もぜひ読んでみて下さい。

2008-2019 知らなきゃ絶対損するPCマル秘ワザ  無断転載禁止

ブログパーツ