このブログのはてなブックマーク数 このエントリーをはてなブックマークに追加

知らなきゃ絶対損するPCマル秘ワザ

知らなくて損したPC情報とかを分かりやすくメモする個人ブログ。
『月,水,金』の週3回更新!(予定)

Firefox:サイトやテキストエリアの文字を一発で書き換える

このエントリーをはてなブックマークに追加
FoxReplace_icon.pngFoxReplace(作者:MarcRA 様) - Firefox用アドオン
操作画面


こんにちは、さち です。

今回は、サイト上のテキストやテキストエリアの文字を
一発で書き換え(置き換え)てくれるアドオン
「FoxReplace」について書いていきます。




置換の設定をする

指定ワードを置き換える設定を FoxReplace でしていきます。

  1. FoxReplace のアイコン右横の「▼」をクリックし
    「FoxReplace options」を開きます。
    (メニューの「ツール」→「FoxReplace」→「FoxReplace options」でも可)
    操作画面

  2. ウィンドウが開いたら、右上にある「Add」をクリック。
    操作画面

  3. 「Name」に置換設定に名前をつけます(未記入可)。
    「URL」に置換を適用するURLを入力したら「Add」をクリック。
    操作画面

  4. 適用先のURLが登録されました。
    手順を繰り返せば URL を複数登録できます。
    1つも登録しない場合はすべてのサイトに置換を適用します。
    操作画面

  5. 「Substitutions」をクリック。
    操作画面

  6. 置換前と置換後のワードを入力します。
    先に入力するのが置換前、後に入力するのが置換後です。
    ちなみに、「Match case」にチェックを入れると大文字/小文字を区別します。
    操作画面

  7. 「Add」をクリックして、置換条件を登録します。
    操作画面

  8. 手順を繰り返せば、置換条件を複数登録できます。
    操作画面

  9. 「OK」をクリックしてウィンドウを閉じます。
    操作画面

これで置換設定は完了。置換の準備ができました。




置換を実行する

設定した条件をもとに置換を実行してみます。

  1. 指定した URL のサイトに、置換対象のワードが入力されています。
    操作画面

  2. FoxReplace のアイコンをクリック(「Shift + F8」キーでも可)。
    操作画面

  3. 置換されました。
    操作画面

サイト上のテキストだけでなく
テキストエリアに入力されている文字も置換されるので
ブログの編集などでも役立ちそうですね。




その他知っていると便利なこと

前述の方法を知っていれば
とりあえず FoxReplace を使うことはできますが
下記の内容を知っているともっと便利に使うことができます。


■ページを開いたら自動で置換
「Auto-replace on page load」にチェックを入れると
ページを開いただけで自動で置換処理をしてくれます。
ブログ編集などで大量の書き換えが必要な場合に便利です。
操作画面


■置換条件を「正規表現」で指定
「T」の部分をクリックして「Regular expression」を選択すると
置換条件を正規表現で書くことができます。
複雑な置換条件を指定したい時に使いましょう。
操作画面


■置換条件は上から順に適用される
置換条件を複数指定している場合は上から順に適用されます。
例えば、下の置換条件だと「Fire Fox」は最終的に「Fx」に置換されます。
(まず「Fire Fox → Firefox」と置換、さらに「Firefox → Fx」と置換)
操作画面


■「F9」でReplace barを表示
「Replace bar」を利用すると
リストを使わずに、その場ですぐ条件を入力して置換できます。
機能の詳細についてはこちらの記事をどうぞ。




FoxReplace のインストールはこちらからどうぞ。

   → FoxReplace - Firefoxアドオン公式



このエントリーをはてなブックマークに追加




ブログ移転に伴い、コメント受付は終了しました。



記事別の週間アクセス数ランキングです。こちらの記事もぜひ読んでみて下さい。

2008-2019 知らなきゃ絶対損するPCマル秘ワザ  無断転載禁止

ブログパーツ