このブログのはてなブックマーク数 このエントリーをはてなブックマークに追加

知らなきゃ絶対損するPCマル秘ワザ

知らなくて損したPC情報とかを分かりやすくメモする個人ブログ。
『月,水,金』の週3回更新!(予定)

音声素材を電話音声っぽく加工する

このエントリーをはてなブックマークに追加
イメージ


こんにちは、さち です。

今回は、「Audacity」を使って
音声を電話音声っぽく加工する方法です。




電話音声っぽくするにはどうしたらいい?

電話音声っぽくするには電話の特性を知るべし。
なぜあのような独特の音質になるのかを調べてみます。

答えはこちら。
電話で送受信できる音声の周波数帯域が
300Hz~3,400Hz(=3.4kHz) と狭いからです。
操作画面
NTT西日本公式ホームページより引用

つまり、電話音声っぽく加工するには
音声素材の 300Hz~3,400Hz 以外をカットすれば良いのです。




電話音声っぽく加工する

音声編集フリーソフト「Audacity」を使って
音声素材を電話音声っぽく加工してみます。

  1. 音声素材がステレオの場合はモノラルに変換します。
    (電話は片耳で聞くものなので基本モノラルです)
    メニューの「トラック」→「ステレオからモノラルへ」でできます。
    各トラックのメニューにある同名の機能は別物なので注意。
    操作画面

  2. この音声を電話音声のように編集してみます。

    操作画面

  3. メニューの「エフェクト」→「イコライゼーション」。
    操作画面

  4. 「カーブの描画」を選択。
    操作画面

  5. 曲線を選択から「Telephone」を選択。
    操作画面

  6. すると、300Hz~3400Hz(ピンクの範囲) を強調した形になります。
    電話っぽさを強調するため、範囲外の制御点をさらに弱めます。
    (高音域[3,400kHz以降]が強く残ると音声がはっきりしてしまう)
    操作画面

  7. こんな感じになります。
    操作画面

  8. 「プレビュー」をクリックすると音声を確認できます。
    しっくりこない場合は、曲線を微調整しましょう。
    操作画面

  9. 曲線の編集が完了したら「OK」をクリック。
    操作画面

  10. イコライゼーションが反映され、こんな感じになりました。

    操作画面

加工前後で聴き比べて見て下さい。

加工前


加工後


音声ファイル(wavなど)で Audacity から書き出せば
作成した電話音声風ボイスを動画で使用できます。

この加工に加えてノイズを加えたり、音割れさせたりすると
トランシーバー(無線)の音声っぽくもできそうですね。
(ノイズは、メニューの「ジェネレーター」→「ノイズ」から作成可能)




曲線を保存して使いまわす

今回作成したイコライゼーションの曲線は
プリセットに保存しておけば後で使いまわせます。

  1. イコライゼーションで曲線を作成したら…
    操作画面

  2. 「カーブの保存/管理」をクリック。
    操作画面

  3. 「リネーム」をクリック。
    操作画面

  4. 名前を付けます。
    操作画面

  5. 「OK」をクリック。
    操作画面

  6. 曲線が保存されました。
    今後はプリセットから選択するだけでOK。
    操作画面




今回は、Audacity を使って音声の加工をしましたが
「イコライザー」を使えるものであれば
他の音声編集ソフトでも同様の加工ができるはずです。

音声の素材にはこちらのサイト様のものを使わせて頂きました。
ありがとうございました。

   → あみたろの声素材工房


【関連記事】

   → 「Audacity」についてもっと詳しく



このエントリーをはてなブックマークに追加




ブログ移転に伴い、コメント受付は終了しました。



記事別の週間アクセス数ランキングです。こちらの記事もぜひ読んでみて下さい。

2008-2019 知らなきゃ絶対損するPCマル秘ワザ  無断転載禁止

ブログパーツ