このブログのはてなブックマーク数 このエントリーをはてなブックマークに追加

知らなきゃ絶対損するPCマル秘ワザ

知らなくて損したPC情報とかを分かりやすくメモする個人ブログ。
『月,水,金』の週3回更新!(予定)

FileZilla:サーバにアップロードしないファイルを自動選別

このエントリーをはてなブックマークに追加
操作画面


こんにちは、さち です。

今回は、高速FTPクライアントソフト「FileZilla」で
サーバにアップロードしないファイルを自動選別する方法
について書いていきます。




アップロードしたくないファイル

サイトを作成する際、ローカルには残しておきたいけれど
サーバにはアップロードしたくないファイルってありますよね。

例えば、HTML や JavaScript の内容を大幅に改変する時に
復元用(バックアップ)に残したコピーファイル や
レイアウト調整用に使ったテスト画像 などでしょうか。
(下の画像で矢印が付いているもの)
操作画面

私は FTPクライアント に「FileZilla」を使っていて
サーバにファイルをアップロードをする時は基本フォルダー丸上げです。

でも、この方法だと
アップロードしたくないファイルまでアップロードされてしまう…。
手動でサーバから削除するのは面倒くさい!

そこで、「フィルタ」を使って
アップロードするファイルを自動選別するようにしてみます。




「フィルタ」の作成

  1. アップロードしたくないファイルに付加する 文字列 を決めましょう。
    例では、その文字列を「_old」「_nup」としました。
    これをファイル名に付け加えておきます。
    操作画面

  2. FileZilla のメニュー「表示」→「ファイル名のフィルタ」と進みます。
    操作画面

  3. 「フィルタルールを編集」をクリック。
    操作画面

  4. 「新規」をクリック。
    操作画面

  5. 適当な フィルタ名 を付けます。
    操作画面

  6. 「フィルタの条件」は「以下のいずれかに一致する項目を非表示」を選択。
    手順「1」で決めた 文字列 をフィルタに登録します。
    例では、「ファイル名」「部分一致」で「_old」「_nup」を登録しました。
    (拡張子も含むので「後方一致」ではダメ)
    操作画面

  7. 「OK」をクリック。
    操作画面

フィルタの作成はこれで完了です。
続いて、フィルタを適用する方法について見ていきましょう。




「フィルタ」を適用してファイルを非表示

前項で作成したフィルタを適用しましょう。
フィルタで非表示にしたファイルはアップロードされませんよ!

  1. メニューの「表示」→「ファイル名のフィルタ」。
    操作画面

  2. 「ローカルフィルタ」の一覧から、自作フィルタにチェックを入れます。
    例では、「アップロードしないファイル」ですね。
    操作画面

  3. 「OK」をクリックします。
    操作画面

  4. 文字列(例では、「_old」「_nup」)の付いたファイルが非表示になりました。
    (アップロード時は見えているファイルのみがアップロードされます)
    操作画面




知っていると便利かも

フィルタの設定ウィンドウ(ディレクトリ一覧フィルタ)は
アイコンから直接開くことも可能(ショートカットは「Ctrl + I」)。
フィルタ適用中はアイコンが凹んだ表示になるので
フィルタの有無の判別にも有効です。
操作画面

アイコンが表示されていない場合は
メニューの「表示」→「ツールバー」にチェックを入れればOK。
操作画面



【関連記事】

   → FileZilla:ファイルのパーミッションを一括変更
   → Filezilla:「PC」と「サーバ」で同じディレクトリを自動選択する



このエントリーをはてなブックマークに追加




管理人だけが読めるコメントにする(返信はしません)
【お知らせ】
  • コメントは承認制です。反映に時間がかかります。
  • スパムコメント防止のため一部ホストを規制中です。
  • URLを含む投稿はできません。必要な場合は最初のhを削って下さい。
  • 記事に直接関係ない個人のトラブルにはお答えできません。
  • Android は使用経験がないので質問を頂いても答えられません。
  • その他詳細はこちら





記事別の週間アクセス数ランキングです。こちらの記事もぜひ読んでみて下さい。

2008-2019 知らなきゃ絶対損するPCマル秘ワザ  無断転載禁止

ブログパーツ