新ブログの該当記事に転送中です。少々お待ち下さい。
(転送されない場合は下記リンクからお進み下さい)

『Thunderbird をもっと便利に使う4つの設定』
https://at.sachi-web.com/blog-entry-1023.html

このブログのはてなブックマーク数 このエントリーをはてなブックマークに追加

知らなきゃ絶対損するPCマル秘ワザ

知らなくて損したPC情報とかを分かりやすくメモする個人ブログ。
『月,水,金』の週3回更新!(予定)

Thunderbird をもっと便利に使う4つの設定

このエントリーをはてなブックマークに追加
操作画面


こんにちは、さち です。

今回は、メールソフト「Thunderbird」をもっと便利に使う4つの設定
  • 複数の受信トレイをまとめる
  • 常にプレーンテキストでメールを送信
  • 受信メールを自動消去
  • メール一覧の背景色を1行ごとに変える
これら4つの方法について書いていきます。




受信トレイをまとめてメールを見やすく

操作画面

  1. 初期設定では、「受信トレイ」「ごみ箱」等がアドレス毎にまとまっています。
    そのため、各アドレスの受信トレイが離れた場所にあり
    受信メールを確認する際に移動が面倒です。
    操作画面

  2. 受信トレイをまとめるよう設定を変えてみましょう。
    メニューの「表示」→「フォルダ」→「統合フォルダ」とクリックします。
    (メニューがない場合は「Alt」キーを押す)
    操作画面

  3. 受信トレイが一箇所にまとまり移動しやすくなりました。
    「受信トレイ」を選択すると全アドレスの受信メールが一覧表示されます
    メールチェックの際に非常に便利です。
    操作画面

「受信トレイ」以外に、「送信済みトレイ」「ごみ箱」などもまとまります。
「フォルダー」は送信トレイの下に各アドレス毎にまとめて表示されます。




常にプレーンテキストでメールを送る

最近は少なくなったとは思いますが
HTML形式のメールはトラブルの原因になることがあります。
そのため、メールは常にプレーンテキスト(文字だけのメール)で送る
という人も多いでしょう。

常にプレーンテキストでメールを作成するように
Thunderbird の設定を変更しておくと便利ですよ。

  1. メニューの「ツール」→「アカウント設定」と進みます。
    (メニューがない場合は「Alt」キーを押す)
    操作画面

  2. 常にプレーンテキストで送りたいアドレスの「編集とアドレス入力」を選択。
    操作画面

  3. 「HTML形式でメッセージを編集する」のチェックを外します。
    操作画面

  4. 「OK」をクリックしてウィンドウを閉じます。
    操作画面

これで、メール作成時は自動でプレーンテキストになります。




受信メールを自動消去する

過去メールを見返すことはあまり多くなく
手元に置くにしても数ヶ月分あれば大丈夫なことがほとんど。

特に、ウェブメール(Gmail, Yahoo!メール 等)を「POP3」で受信
同じメールのコピーをウェブメールサーバに残す設定にしている場合

数ヶ月以上前のメールを見たい時はウェブメールにログインして見れば十分です。

保存期間,保存件数 を指定し
Thunderbird の受信メールを自動削除して整理しましょう。

  1. メニューの「ツール」→「アカウント設定」と進みます。
    (メニューがない場合は「Alt」キーを押す)
    操作画面

  2. メールを自動削除したいアドレスの「ディスク領域」を選択。
    操作画面

  3. 削除条件を選択,指定します。
    操作画面

  4. 「OK」をクリックしてウィンドウを閉じます。
    操作画面

「IMAP」で受信している場合にこの設定を行うと
ウェブメールサーバにあるメールも一緒に削除されます。

「IMAP」で利用している人はその仕様を理解した上で設定して下さい。

■ウェブメールサーバのメール削除設定について

Thunderbird では、初期設定で POP3 を使用すると
メール受信から14日後にウェブメールサーバのメールが削除されます。
また、Thunderbird 上のメールを削除すると
ウェブメールサーバにあるメールも同様に削除されます。

ウェブメールサーバのメールを削除したくない場合は
Thunderbird のメニュー「ツール」→「アカウント設定」と進み
各アドレスの「サーバ設定」を選択
「ダウンロード後もサーバにメッセージを残す」にチェックを入れます。

このとき、同時に
「ダウンロードしてから○○日以上経過したメッセージは削除する」
「ダウンロードしたメッセージを削除したらサーバからも削除する」
のチェックは外しておきましょう。

ただし、例外的に Gmail の場合は
Gmail側で「Gmail のメールを受信トレイに残す」設定にすると
Thunderbird でウェブメールサーバのメールを削除する設定にしても
無視される(削除されずに残る)ようです。





メール一覧の背景色を1行ごとに変える

操作画面

メール一覧を1行ごとに色を変えれば行をズレて見てしまうミスも減ります。
詳しい設定方法については下記リンク先の記事をどうぞ。

   → Thunderbird:メール一覧の背景色を1行ごとに変える



Thunderbird をお使いの方に
これらの設定方法が少しでもお役に立てば幸いです。



このエントリーをはてなブックマークに追加




ブログ移転に伴い、コメント受付は終了しました。
統合フォルダ
サブマシンにThunderbirdを入れて、統合フォルダってどうやって作るんだったかな?と公式のヘルプに目を通すも、求める答えにたどり着けませんでした…。
Google先生にこちらのサイトに導かれ、無事解決いたしました。ありがとうございます。
Thunderbird使用歴だけは長い | 2018/04/18/Wed [EDIT]



記事別の週間アクセス数ランキングです。こちらの記事もぜひ読んでみて下さい。

2008-2019 知らなきゃ絶対損するPCマル秘ワザ  無断転載禁止

ブログパーツ